最新公演情報

長塚圭史を「お気に入り」に登録すると、最新情報やチケット優先予約などのお得な情報がメールで届きます。
≫お気に入り登録へ
※お気に入りに登録する際には、イープラス会員登録が必要です。(登録無料)
 「お気に入り登録とは」「会員登録とは」

e+でのチケット発売情報は
こちら≪

CD/DVD/グッズを買う
俳優座劇場にて『エンバース』
父が翻訳、出演している舞台『エンバース』を観る。身内と言うことを抜きにして、実に素晴らしかった。寡黙な益岡さん演じるコンラッドと、あまりに饒舌な父演ずるヘンリック、この対比、そして語られる言葉の重厚さ、人生の厚味、青春、記憶、情熱、様々なものがじわりと、時に鋭く、浮かび上がっていく。確かに70代を演ずるには若いという意見もあるだろうが、私は二人の中年の立ち姿に、老いも若きもイメージを膨らませ、寧ろ豊かに受け止めることが出来た。少々過剰に感じた演出もあるが、板垣さんがワクワクしながらこの作品に向かい合ったのがしっかりと伝わった。明日の昼で千秋楽。もっと早く観るべきだったと後悔する。今後も益岡さん×長塚京三のコンビでこの舞台を続けてくれないかと、それこそ実際に70代に差し掛かってからのこの二人の『エンバース』を目撃したいと切に思った。父の芝居を薦める妙な奴だと思われるかもしれないが、明日の千秋楽、少しでも多くの人に観て貰いたいと願う。


2008-05-31 21:34 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。